スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ  
よかったら応援お願い致します(^○^)/

-------------------------------------------------
⇒トップページへ
⇒過去に紹介した銘柄一覧はこちら

スポンサードリンク



決算書って読めますか?

いつも優待銘柄を紹介している当ブログですが

IR情報とか決算書とか普通に書いていて詳しい説明をしてなかったな・・・と今更気づきました。

もちろん、これを読めば完ぺきではないですが、企業分析する上ではこれだけ読み取れば十分という範囲で話していきます。

今回は決算書の中身について話しますので、アウトラインの話は省略します。

決算書と言うと、決算短信と有価証券報告書の2つがあります。ただ、2つは基本同じで決算短信は速報値、有価証券報告書は確定値です。

そして、この決算書は基本的な構成は以下3つになります。

①今期売上、損益実績、来期予測、配当情報
②経営環境や財務状況の報告
③貸借対照表、損益計算書、キャッシュフロー計算書


①今期売上、損益実績、来期予測、配当情報

これは一番表紙にくる部分です。前期との比較で、今期実績売上、利益等が公表されます。

なんだかんだ言っても、ちゃんと利益が出ているのかは一番大切なところです。また、配当情報も公表されています。

企業によっては、公表していないケースもありますが、たいていの企業では来期の見通し売上、利益もここで確認できます。

この内容が悪ければ、それ以上見ても時間の無駄なので、他の会社を探しましょう。


②経営環境や財務状況の報告

①で見た内容の詳細が書いてあります。

例えば、前期に対して売上増だとした場合、なぜ売上増なのかは①の数字だけでは読み取ることができません。

販売個数が増えたのか、そもそも売価を上げたのか、海外向けで為替益が出たのか等、数字の背景を読み取ることができます。

また、輸出企業ならば為替設定はどうなっているのか、多角経営ならば各事業の売上、利益の状況はどうか等、細かいところまで知ることができます。

さらに、財務状況についても知ることができ、例えば子会社を売却や資産売却して特別益を上げていること等、ここを読めば今年の会社の状況を理解することができます。

個人的には、ここの解読に一番時間を割くべきだと思います。


③貸借対照表、損益計算書、キャッシュフロー計算書

ページ数としては一番多いので、まじめに読むと時間がかかります。

ただ、ここは会計の世界で、投資家にとってはおまけです。投資判断においては①、②で判断すれば良いです。

唯一、営業キャッシュフローがマイナスではないことを確認しておけばOKでしょう。

営業キャッシュフローとは、本業で稼いだキャッシュのことですがここがマイナスだと、そもそも事業として成り立っていないことになりますので、ここがマイナスの企業に投資するのはやめておいた方がいいです。


以上が決算書の概要です。

決算書って分厚いですが、実は見るべきところは多くありませんってことがわかって戴けたでしょうか。
ご参考になれば幸いです。
関連記事


にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ  
よかったら応援お願い致します(^○^)/

-------------------------------------------------
⇒トップページへ
⇒過去に紹介した銘柄一覧はこちら

スポンサードリンク



theme : 株式投資
genre : 株式・投資・マネー

comment

Secret

サイト内検索
プロフィール

山田四郎

Author:山田四郎
 
優待情報はこちらからどうぞ

にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ

株主優待をメインテーマに、ブログを書きます。

「優待内容」「安定性」「将来性」を重視して、銘柄分析していきます。

ご質問等何かありましたら、下記メールフォームよりお願いします。

カテゴリ
ブログ検索はこちら
グーグルページランク6

にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ

グーグルページランク5



blogramのブログランキング

FC2Blog Ranking


スポンサードリンク
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

人気記事一覧
金融用語集
スポンサードリンク
リンク
最新記事
 
おすすめネット証券

人気No.1のネット証券です!圧倒的な品揃えと充実した情報量に定評があります。
【詳細はこちら】


手数料の安さで選ぶならここです。もちろん分析ツールや銘柄情報などのサービスも充実しているので安心です。
【詳細はこちら】


株主優待狙いでクロス取引をしたい方におすすめです。ここは一般信用取引で逆日歩がかからないので、株主優待が手数料だけでもらえます。
【詳細はこちら】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。