スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ  
よかったら応援お願い致します(^○^)/

-------------------------------------------------
⇒トップページへ
⇒過去に紹介した銘柄一覧はこちら

スポンサードリンク



資産、負債、資本について

今回は、用語解説ですので、ふざけないでやりたいと思います。
まあ、いつも真面目にやっていますが・・

先日、おすすめ銘柄とか書いてみたら、指標の説明が不足してしまいました。
意味が分からない方にとっては難しく感じるブログになったかと思います。
ですので、解説編ということでそこらへんのところを説明していきたいと思います(^o^)丿


とはいえ、株の話では一般的ことばかりなので、ネットで調べればすぐ出てきます・・・





では少し不親切かな?と思いましたので、私なりの解釈をやっぱりフォローしています(ー_ー)!!

分かっている方にとっては退屈な話となってしまいますこと申し訳ありません。


では今回は、資産と負債と資本についてです。
この関係が分かっていないと正直なところ、PERとかPBRとかネットで調べてもよくわからないと思います。

貸借対照表

3つの関係は、図のようになります。

資産というのは、現金や預金などのキャッシュから土地や建物まで会社が持っているもの全てです。もう少し詳しく言えば、特許や企業ブランドもモノとして存在しませんが、資産に含まれます。

負債は、まさに借金ですね。銀行からの借入金や私たち投資家向けに発行する社債などがそうです。
他人から借りている資本なので他人資本とも言います。

資本は純資産とも言いますが、株式がそうです。また、会社が稼ぎだした利益も資本の一部となります。
資本については、細かく説明すると会計的な話が必要になるので、ここでは単純に株式と考えてもいいです。
ちなみに負債と対比させて、自己資本と表現することもあります。

まとめると、会社がもっている「資産」というのは「負債」と「資本(純資産)」でまかなわれているということです。
言い換えると、他人資本と自己資本を足した総資本で、会社の資産を購入しているとも考えられます。

ここは、資本と資産を区別していながら、総資産と総資本の金額は一致するなど言葉が非常にややこしいです。
以下、少しまとめておきます。


負債+資本(純資産)=総資産
負債=他人資本
資本(純資産)=自己資本
他人資本+自己資本=総資本
総資産=総資本


基本的には、「資産」「負債」「資本」の3つの呼び方が違うだけですので、この3つが区分できればとりあえずOKです。


これら3つと「利益」という概念が理解できていれば、指標の説明をしても理解できると思います。
ということで、次回は利益について説明します。 
関連記事


にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ  
よかったら応援お願い致します(^○^)/

-------------------------------------------------
⇒トップページへ
⇒過去に紹介した銘柄一覧はこちら

スポンサードリンク



comment

Secret

サイト内検索
プロフィール

山田四郎

Author:山田四郎
 
優待情報はこちらからどうぞ

にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ

株主優待をメインテーマに、ブログを書きます。

「優待内容」「安定性」「将来性」を重視して、銘柄分析していきます。

ご質問等何かありましたら、下記メールフォームよりお願いします。

カテゴリ
ブログ検索はこちら
グーグルページランク6

にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ

グーグルページランク5



blogramのブログランキング

FC2Blog Ranking


スポンサードリンク
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

人気記事一覧
金融用語集
スポンサードリンク
リンク
最新記事
 
おすすめネット証券

人気No.1のネット証券です!圧倒的な品揃えと充実した情報量に定評があります。
【詳細はこちら】


手数料の安さで選ぶならここです。もちろん分析ツールや銘柄情報などのサービスも充実しているので安心です。
【詳細はこちら】


株主優待狙いでクロス取引をしたい方におすすめです。ここは一般信用取引で逆日歩がかからないので、株主優待が手数料だけでもらえます。
【詳細はこちら】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。