PBRについて

さて、今度はPBRについて説明します。
正式にはprice book-value ratioと言うそうです。
ここはもう知ったかぶりしませんよ(・へ・)

訳すと株価純資産倍率となります。
算式は以下になります。


PBR=株価/1株あたり純資産額


純資産というのは、以前確認した「資本」と同じ意味になります。
1株あたりという考え方は大丈夫ですよね?
もし分からなければ、PERの方でした説明を読んでみて下さい。

PERが利益だったのに対して、今度は純資産になりました。
つ・ま・り、PBRでは企業の保有資産という観点から株価水準を判断することができます。

例えば、会社が倒産した時を考えます。
まず、持っている資産を全て現金にします。そして、そのお金で借金を返します。
余ったお金が純資産です。

もし、1株あたりの純資産が株価を上回っていれば、株主はそれだけ儲かると言えます。
1株あたりの純資産が110円で株価が100円なら、1株あたり10円儲かるわけです。
PBRにすると約0.9倍です。

逆に、1株あたりの純資産が90円で株価が100円なら、1株あたり10円損するわけです。
PBRにすると約1.1倍です。

また、1株あたりの純資産が100円で株価が100円なら、損も得もない状況です。
PBRにすると約1.0倍です。


つまり、PBRは1.0倍を下回っている時に割安と判定されます。


ただし、注意点として1倍下回っているからと言っても、倒産して儲かるからOKとはなりません。
例えば、企業が資産として計上している価格はあくまで簿価ですので、その価格で市場に売却できるとは限りません。
というより、ほぼ無理です。倒産しているわけですからたいてい安く買い叩かれます。
そうなると、そもそもの純資産額が変わってきますからダメって分かりますよね?

なので、あくまで利益の視点から見ているPERやその他指標等と組み合わせて使ってください。
私は、PBRが3倍とか4倍とかなると敬遠しますが、1.5倍~2倍程度なら他の指標をみて買うこともあります。

成長企業と言われるような会社のPBRは高くなります。
例えば、最近話題になったガンホーは約18倍あります。

成長企業かは微妙ですが、ソフトバンクは約6倍です。

割高と切り捨てることもできますが、それだけ期待されていると解釈もできます。
長期投資を考えているならば、ここらへんの銘柄はやめておいた方がいいと思いますが・・・
どんなスタンスで投資するかは自分次第ですね(^○^)
関連記事


にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ  
よかったら応援お願い致します(^○^)/

-------------------------------------------------
⇒トップページへ
⇒過去に紹介した銘柄一覧はこちら

スポンサードリンク



comment

Secret

サイト内検索
プロフィール

山田四郎

Author:山田四郎
 
優待情報はこちらからどうぞ

にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ

株主優待をメインテーマに、ブログを書きます。

「優待内容」「安定性」「将来性」を重視して、銘柄分析していきます。

ご質問等何かありましたら、下記メールフォームよりお願いします。

カテゴリ
ブログ検索はこちら
グーグルページランク6

にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ

グーグルページランク5



blogramのブログランキング

FC2Blog Ranking


スポンサードリンク
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

人気記事一覧
金融用語集
スポンサードリンク
リンク
最新記事
 
おすすめネット証券

人気No.1のネット証券です!圧倒的な品揃えと充実した情報量に定評があります。
【詳細はこちら】


手数料の安さで選ぶならここです。もちろん分析ツールや銘柄情報などのサービスも充実しているので安心です。
【詳細はこちら】


株主優待狙いでクロス取引をしたい方におすすめです。ここは一般信用取引で逆日歩がかからないので、株主優待が手数料だけでもらえます。
【詳細はこちら】