スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ  
よかったら応援お願い致します(^○^)/

-------------------------------------------------
⇒トップページへ
⇒過去に紹介した銘柄一覧はこちら

スポンサードリンク



ROAについて

このブログでよく使うROEという指標・・
ROAという似ている指標もあるので、今回はROAについて説明しておきます。

ROAは収益性の分析に用いられる指標です。日本では盛んに用いられる指標ではありませんが、アメリカでは財務分析によく活用されています。
とりあえず、算式を確認します。


ROA=1株あたりの利益/1株あたりの総資産


ROEと似てますよね?
英語で考えてみると違いが分かりやすいです。

Return On で「RO」までは同じ意味です。
そして、「A」はasset、「E」はequityを意味します。


ROEでは、純資産によってどれだけ利益を稼いでいるかをみています。
ROAでは、総資産によってどれだけ利益を稼いでいるかをみています。
つまり、ROAは資産効率を表している指標なんです。

例えば、1億円の資産を持っている会社がROA10%だった場合、毎年1000万円の利益を上げる計算になります。単純に考えると、次の年には企業の規模が1.1倍になっているというわけです。
ROAの魅力は、このような企業の成長力を直感的に表せることだと思います。


ちなみに、ROAを用いるならば欠点を把握しておく必要があります。

それは資産構成が見えないことです!!

総資産というのは、負債+純資産ですから、それが分母にくるROAはどれぐらい負債があるのかを考慮していません。収益性に優れた会社でも財務的には危険な会社という可能性があるんです。

資産効率が良い会社でも、その資産の構成要素がほとんどが自己資本ではなく借金だとしたら・・・
景気が良い時は問題ありませんが、リーマンショックみたいなことがあればたちまち収益性は悪化し、資金がショートします。その先にあるのは地獄のみです・・・

なので、ROAだけで企業を判断するのはけっこう危険です。

ちなみに、ROEは純資産が分母にきますので、資本構成を考慮していると言えます。ただ、純資産が少なくなり財務的な危険性が増すとROEが高くなるという矛盾があります(ー_ー)!!

まあ、それぞれ欠点があるんです(;一_一)

当ブログではROEとROAはだいたい同じ傾向が出るので取り上げませんが、もしROAを用いる際は自己資本比率とか安全性を見る指標と組み合わせるようにしておけば良いと思います。

にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ  
よかったら応援お願い致します(^○^)/

-------------------------------------------------
⇒トップページへ
⇒過去に紹介した銘柄一覧はこちら

スポンサードリンク



theme : 株式投資
genre : 株式・投資・マネー

サイト内検索
プロフィール

山田四郎

Author:山田四郎
 
優待情報はこちらからどうぞ

にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ

株主優待をメインテーマに、ブログを書きます。

「優待内容」「安定性」「将来性」を重視して、銘柄分析していきます。

ご質問等何かありましたら、下記メールフォームよりお願いします。

カテゴリ
ブログ検索はこちら
グーグルページランク6

にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ

グーグルページランク5



blogramのブログランキング

FC2Blog Ranking


スポンサードリンク
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

人気記事一覧
金融用語集
スポンサードリンク
リンク
最新記事
 
おすすめネット証券

人気No.1のネット証券です!圧倒的な品揃えと充実した情報量に定評があります。
【詳細はこちら】


手数料の安さで選ぶならここです。もちろん分析ツールや銘柄情報などのサービスも充実しているので安心です。
【詳細はこちら】


株主優待狙いでクロス取引をしたい方におすすめです。ここは一般信用取引で逆日歩がかからないので、株主優待が手数料だけでもらえます。
【詳細はこちら】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。